ケアプロストの失明の噂は嘘?!

まつ毛育毛剤のケアプロストですが、一部のメディアで失明のリスクがあると疑惑を向けられました。実は知識のないマスコミによる過剰報道が原因であり、もともと緑内障の治療薬として開発されております。使用方法を正しく使用していれば問題はありません。

ケアプロストの失明の噂は嘘?!

ケアプロストで失明はしません

まつげの育毛や増毛に高い効果があることで知られるケアプロスト。効果が高いだけに失明や目の異常などの副作用があるのではないかと心配する方もいるかもしれませんが、結論からいうと、ケアプロストで失明するということはありません。
ケアプロストは元々緑内障患者の方の房水量をコントロールして眼圧を下げる為の治療薬(点眼薬)として使用されているものです。
点眼によってまつげが増えた・伸びたという副作用が報告されたことから研究が進められ、まつげの育毛・増毛に効果があると証明されたことからアメリカのFDA(米国食品医薬品局)に認可を受けた医薬品です。FDAは日本でいえば厚生労働省にあたりますのでケアプロストの効果はもちろん、安全性も認められているということです。目に液が入ったとしても失明などの大きな副作用はありませんが、本来は眼圧を下げる点眼薬だということを忘れないようにしましょう。失明の心配はなくとも目の充血、かゆみ、ドライアイ、まぶたのかぶれ、黒ずみ、色素沈着などの副作用がでることはあります。まつげに塗る際は専用のアプリケーターや先の細いブラシや綿棒などを使い、丁寧に塗るようにしてください。少量でも効果はありますので、量を多くつけすぎないようにしましょう。多くつけすぎてしまうと目に入って充血やドライアイを引き起こしたり、まぶたに液がついて色素沈着してしまう原因になったり、他の部分に液がついてその部分の毛も濃くなってしまう可能性があります。目元の黒ずみや色素沈着の場合は、使用を中止すれば徐々に治まります。ドライアイや充血、かゆみなども使用を中止することで治まることが多いですが、症状が治まらない場合や目に異常を感じた場合はすぐに眼科医に相談してください。

また、毛の話繋がりで、女性なら誰しもが気になる無駄毛の処理については医療レーザー脱毛をご利用されるのがお勧めです。
ただし一度脱毛に通う前に下記サイトをよく読んで予習をしておくと良いでしょう。